プリント型名入れバッグのシルク型について

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンキャンパスや会社のイベントなど、幅広い用途でプリント型名入れバッグを注文される企業が多いです。そこで、初めて注文される方向けにポイントを紹介します。
シルクスクリーン印刷で対応可能なものは加工カラーです。1柄1色ごとに版を製作した上で印刷するため、デニムや不織物タイプなど殆どの生地に印刷が出来ます。耐久性が強く色あせが起こりにくいため、イベント時だけでなく、生活場面でもエコバッグとして使用しやすいです。
注文をする際には、本体の生地色と印刷する色との組み合わせを選びます。会社によってはホームページで色との組み合わせの相性が確認できますから、それを踏まえてデザイン作成をすると良いです。

熱転写型プリント名入れバッグを作る場合

熱転写型のプリント型名入れバッグにて対応可能な業者もあります。特殊プリンターを用いて熱によりデザインを名入れバッグに圧縮します。写真プリントや、複数の色合いを組み合わせたデザインの印刷が可能です。特に旅行の思い出やアート作品などプライベート用で名入れバッグを作る際に向いています。
一方、シートでプリント転写をする場合は、プレスによりデザインの定着を図ります。しかし製版した跡が残る場合があり、その点を気にされる方には向いていません。値段も、単色での印刷が可能なものと比較しても概ね割高です。不特定多数の方に配布するよりは、大きな会合や大切な方へのプレゼント用として配布する方が適しています。

プリント型名入れバッグを注文する前に

プリント型名入れバッグを作る際、生地やデザインを選んだ後、注文から完成までの工程があります。業者選びを含めてポイントを紹介します。
最低ロット数が設けている場合、その枚数以上でないと注文が出来ません。枚数が多くなると、送料を負担してもらえたり1枚当たりの金額が抑えられるためお得です。インターネットで注文を承っている会社では、割引クーポンが使用可能な店舗もあります。デザイン入稿、料金の振込をしてから手元に届くまで1週間以上の期間を設けていますが、急ぎの依頼が可能な店舗では数日で届きます。
スケジュール管理のポイントを紹介します。名入れバッグが届いた後も資料を入れてお客さんに配布する場合は、袋詰めの準備期間を別枠で設けます。印刷を依頼する前にも、業者との仕上がりイメージを確認する作業が必要です。費用以上に各種作業がタイトになりますから、余裕を持って注文をすることでゆとりが生まれます。

国内レンタルビデオ店のシェア90%以上と多くのお客様に長年に渡り大変ご満足をいただいております。 お気軽にお問い合わせください。 当社オリジナルのぱれっとシリーズについて、低価格で豊富なカラーなどといったおすすめする5つの理由があります。 10,000円い(税抜)以上ご購入で送料無料となっています。 様々なシーンで活用できるように色とりどりの他社にはないカラーラインナップとなっております。 名入れバックのプリントならトートバッグEXPRESS