ギフト用名入れバッグのプリントと活用方法

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギフト用で名入れバッグをプリントするにあたってのポイントを紹介します。季節のイベントや大切な方のプレゼント用として使用しますが、プリントするデザイン選びも必要です。ワンポイントから全面に渡る印刷まで用途に合わせてつくることがおすすめです。
活用するにあたり、デザインだけでなくラッピング作業時の負担が軽いとより便利です。セットが簡単な巾着タイプだと、リボン結びをすることでシンプルなデザインでもプレゼントされた方が喜んでくれます。小売店で使用するにあたり、セットが簡単なタイプだとお客さんを待たせる時間と従業員の労力を短縮できます。効率の良い業務ができるように工夫することで費用対効果が高まります。

名入れバッグをプリントする際も著作権がある

ギフト用で名入れバッグを作る際、大切な方へプレゼントをするために作られる方もいますが、著名人の名言や顔写真などを使用することには注意が必要です。著名人の場合は、パブリシティー権という顧客吸引力のあるものを専有する権利があります。
著名人でなくても著作権や肖像権などプライバシーを守る権利があり、営利目的でなくても勝手に使用することで名誉棄損に繋がりかねません。業者によっては予めお断りをする所もありますが、勝手に使用することでトラブルにも発展しかねません。プリント料金以上に費用がかさむことにもなりますし、心的負担もかかります。著名人に限らず名入れバッグとして使用する場合には、関係する方に確認してから進めると良いです。

プリントギフト用名入れバッグは福袋にも最適

ギフト用のバッグでは、福袋のように中身が見えないようなタイプにして活用することも可能です。会社の名入れバッグとした上で、全面を見えないようなデザインにプリントすることで、お客さんをワクワクさせることができます。
商品を入れる際にも、バッグの種類選びは大切です。ハンカチや文房具などの小物の場合は、小さめの名入れバッグであっても問題ありません。冬物のコートや大き目のバッグだと、容量も相応にかかります。各種予め品物を準備した上で、用途に合ったものを選ぶことで費用対効果は高まります。
福袋を正月に売り出す場合は、売り出す品数が限られている場合が多いです。会社の売り上げはもちろんお客さんに特別感も提供しています。その観点からもデザインや袋の生地が良いものだと満足度を高める効果をもたらします。