名入れバッグプリントによるデータ入稿のポイント

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名入れバッグをプリントするにあたり、業者へのデータ入稿は必要です。しかし、作業に慣れていない方では、その方法に戸惑われる場合も多いです。デザインを作るにあたり制作ソフトが必要です。バージョンなどの指定もありますから、アップロードをしないと作業が出来ません。線幅も指定があり、指定以下の場合はかすれた状態でプリントされやすいです。線幅なしで作成する際、精度の高い印刷機の場合はヘアラインが出ない場合が多いです。シルクでも、線と線との間を空けなかった場合等、業者の指定に合わせてつくることで、かっきりと下線が確認できます。
画像を貼り込む際には、解析度やカラー指定に合わせたデザインにしないと、完成時に粗い仕上がりになります。

名入れバッグプリントの入稿にむけた作業

データ入稿するにあたり、圧縮する作業があります。その際、完全データによる修正の必要がない状態で送らなくてはなりません。作業にあたり、デスクトップに新規フォルダを作成し必要なデータを入れます。完全データを作成した際に、画像やスクリーンショットがある場合もそこに入れます。フォルダ名を付けた上で圧縮をしていきます。フォルダを圧縮するにあたり、OSの違いによって方法が異なります。各種用途に合わせて作成して下さい。
データ圧縮をして業者にフォルダを送った後で、デザインの間違いが確認される場合もあります。業者で訂正などの対応をしていない場合は、再入稿となります。その分時間のロスが生じますから、入稿前の確認は必要です。

名入れバッグプリントのデータ入稿が難しい時

業者のホームページなどを確認して、名入れバッグのプリントに向けてのデータ入稿作業が難しい場合もあります。業者がサポート体制を敷いている場合は、電話やメールにて相談をすることも可能です。その際の対応が丁寧な業者なら、今回に限らず機会があれば安心して依頼をしやすいです。
それでも難しい時には代行でレイアウト作成をしてもらえると安心です。名入れバッグの大まかなプリントデザインや品質を伝えることで、用途に合ったものに仕上げてくれます。修正や再納品のリスクを下げることが出来、制作ソフトの準備が間に合わない場合などでは効率が良いです。アフターフォローまでを責任を持って対応してもらえる所だと、安心できます。その際には可能な範囲余裕を持って依頼すると良いです。